心に届くFESフラワーエッセンス

沖縄在住のキャリアコンサルタントです。自身がストレスに見舞われたときに助けられたことからフラワーエッセンスの普及活動を行っています。各記事は別ブログからインポートしてきたのでお見苦しい点があります。随時、編集していきます。

ジュリアン おまけ

過去記事です♪ 講演会の初日、ジュリアンの本の展示販売があり、購入者へのためのサイン会が催されました。 私はその本を既に所有し、しかも自宅に置いてあったので、「あ〜、サインもらえないかも」と思ったのですが、勇気を振り絞り、本人に「明日あなたの本を持ってきたら、サインしてもらえますか」と尋ねると、「OK」との返事を頂きました。 それで二日目に並んだのですが、気になったのが、何人かが「私の名前も書いてください」とその場でお願いしていたんですよ。(基本的にはジュリアンのサインのみだったんです) ジュリアンは、「一人にそれを許すと、みんなにしないといけないから」と断っていたのですが、途中通訳の方が退席したり、スタッフ側の説明が残念ながら不十分だったこともあって、結構彼の気持ちを無視して、名前を書いてもらう人が多かったんです。(まあ、バッチレメディの作り手に日本で会えるというのは滅多にないことですから・・・) おそらくジュリアンも言葉が通じなかったかもと思ったんでしょう。 少し困惑した表情で、リクエストに答えていました。 私はそれを見ていて、 「自分はいつかイギリスに行ったときに名前を書いてもらおう♪」 と楽観的に考え、列の後方に並んでいました。そうですね、後ろから5番目くらい。 するとジュリアンが、 「もう人数も少ないから、ここから最後の人までは私のサインと一緒に、皆さんの名前を入れることにします」 と言うではありませんか。 ちなみに「ここから」というのは私の一人手前。ラブ つまり、私は彼を煩わせることなく、名前を書いてもらったんです。ラッキー! 2005.10.1