心に届くFESフラワーエッセンス

沖縄在住のキャリアコンサルタントです。自身がストレスに見舞われたときに助けられたことからフラワーエッセンスの普及活動を行っています。各記事は別ブログからインポートしてきたのでお見苦しい点があります。随時、編集していきます。

宿泊先「ノーザンクイーン・イン」【FESインテンシブセミナー備忘録】#006

今回の研修では宿泊先にオプションが二つ。

 

テラフローラの敷地内のハウスとテラフローラからバスで20分ほどの距離にある、 ノーザンクイーン。

 

私が利用したのはノーザンクイーンの三人部屋。

外観を撮影するのを忘れましたが、カワイイお部屋でしたよ。

 

 

玄関の側に洗面台があるのはいいなと思いました。

 

ホテルではなく、インなので、キッチンも付いてました。

食器やコーヒーメーカーなどの備品もあり、アメリカ人の旅(あるいは移動)の質は高いなとひたすら感心。

 

ノーザンクイーンの近くにはコンビニもありましたが、大きなスーパーは見当たらず。ネバダシティに出向いたときに野菜やパン、デリなどを買い、朝食や夕食をこのインで楽しみました。

 

シンクに使用済みの食器や鍋などを置いておけば、メイドさんが洗ってくれていたのもありがたかったです(たまにバスタブの掃除を忘れていたようだったけれど 笑 )。

 

この部屋はメゾネットタイプになっていて、中二階の部屋がありました。

そこにはベッドもあったので、私たち三人はじゃんけんでベッドをローテーションを決め(笑)。

 

 

毎日違うベッドで寝るのも新鮮でした。

 

*私たちと同様三人部屋になった人たちも参加者にはいたのですが、彼女たちはずっと同じベッドに寝たそうです。こういうところに性格でるのかな?

 

部屋にはテレビもあったのですが、誰もスイッチを入れようとせず、

結局アメリカ滞在中は一度もテレビを観ることがなかったです。

 

 

ノーザンクイーンからテラフローラまではFESが手配したバスで通いましたが、

そんなバスが日本人研修以外のとき*もあったら

私は次回は一人でも参加できるけど。

 

*(FESの研修は毎年夏に行われているんです。もちろん通訳なし)

 

同室だったMさんとMさん(笑)、お世話になりました!