心に届くFESフラワーエッセンス

沖縄在住のキャリアコンサルタントです。自身がストレスに見舞われたときに助けられたことからフラワーエッセンスの普及活動を行っています。各記事は別ブログからインポートしてきたのでお見苦しい点があります。随時、編集していきます。

それぞれのステージ【FESインテンシブセミナー備忘録】#012

2010年夏に渡米し、FESフラワーエッセンスの研究機関、

「テラフローラ」で研修(インテンシブセミナー)を受けてきました。

沖縄から参加したプラクティショナーは唯一私だけ。

忘れられない思い出となりました。

備忘録にお付き合いください。

 

テラフローラのセミナールームを後方から撮影しました

 

 

インテンシブセミナーでは、実際にたくさんの花たちに出会う野外授業と、

エッセンスがもたらす効果、人間の感情、地球への思いなどを学ぶ、

座学がありました(座学はパトリシア担当)。

 

 

今回はその座学でも紹介された、

フラワーエッセンスを飲んだ後(あるいは飲んでいる最中)に

起こり得る、ステージについてシェアします。

 

 

囲み記事はほぼ当時のメモをそのままに書いています。

 

インテンシブセミナーの雰囲気も味わっていただきたいため、

あえてそのまま残しますね。

 

あとは私のコメントなど(笑)。

 

 

 

ステージ1 Release, Relaxation or Rejuvenation

(解放、リラクゼーション、活力の回復)

 

身体的に現れること

breathing, sleeping, eating などperceptible response

(呼吸、睡眠、食事など生理的な反応)

 

心理的に現れること

release of pent-up emotion, tears, smiles, general sense of well-being

(抑圧された感情のリリース、涙、微笑み、幸せを感じられること)

 

 

(例)体重増加に悩む大学の教授。肝臓機能も低下していた。疲れていたのでエッセンスが効かないと訴えた。彼の課題は「眠ること」。使ったエッセンスはモーニンググローリー

 

クライアントが期待している効果がそのとおりに現れるかどうかは人によって異なる→ここが医薬品とは異なるところ

 

「モーニンググローリー」は朝顔の花びらから作られるエッセンスです。

カフェインに頼らないと朝がつらいと訴える方に使用されます。

 

バッチレメディのオリーブを飲まれた方も「なんだかゆったりしてきた」と話される方も多いです。

 

 

ステージ2 Realization and Recognition, Initial Reaction

(気づき、認識、初期の反応)

 

Positive Healing Results

心と身体の対話がクライアントの中で行われる

 

Me and my shadow(私と私の「影(シャドウ)」)

 

肉体的に効果が出たからといって、セラピーを止めてはいけない

 

new idea, insights

「ひらめきの瞬間」が出てくることが多い

 

「シャドウ」はカール・ユングの心理学でよく出てくる言葉ですね。

「向き合いたくない自分」、「蓋をしておきたい(けれど時々表面化する)自分」など。

 

自分にはこういう部分があったんだと認識される方は

このステージにおられるのでしょう。

 

 

ステージ3 Resistance(抵抗)

 

退行している気がする、でももっと深いステージ

カウンセリング能力が試される。いわゆるヒーリングクライシス。

 

(例)母親の側にいるとお腹が痛くなるクライアント

 

「母は私を産みたくなかったのでは」と思っているのかも。過去生から来た感情なのかもしれない。その話をする必要はないけれど、それを知っておくことは大切。

 

ゴールはシャドウとの対話

 

魂のアルケミー、自身の中にあって対立するもの

 

無意識の自分やシャドウとと向き合い、自分の問題を探るステージです。

 

私はフラワーエッセンスには副作用はないけれど、

好転反応は人により感じる部分があると思っています。

 

エッセンスだけではなく、様々な心理療法でクライアントがつらくなる時期。

それがこの第3のステージです。

 

そして最後が第4のステージ。

 

ステージ4 Renewal(新しい自分に生まれ変わる)

 

魂が力強くなる

私の運命が私を見出す

花=星が地球に降りてきたもの Star Song

 

自分の人生の目的や夢に向かって、

新しい一歩を踏み出せるステージです。

 

 

自分の器を広げ、

内面の二極性の葛藤(勇気と恐れなど)を乗り越えていきます。

 

 

 

と、ここまで書きましたが、

このステージ(4つのR)は必ずしも

1から2、3から4と段階的に進むわけではありません。

 

 

その方の性格や悩みの深さ、

課題と向かい合っている年月にもより、

1年間はステージ2にいるとか、

早い段階で、ステージ3を味わうとか。

 

 

いずれにしても、

ご自分にとって最善なタイミングで

皆さん、フラワーエッセンスの世界に出会うと私は思っています。

 

 

フラワーエッセンスは地球の贈り物。

一部の花は絶滅の危機さえ迎えています。

 

 

小さな小瓶に詰められた花たちのメッセージを受け取るたびに、

私たちは自然の中で生かされている

ということをエッセンスは教えてくれているのです。