心に届くFESフラワーエッセンス

沖縄在住のキャリアコンサルタントです。自身がストレスに見舞われたときに助けられたことからフラワーエッセンスの普及活動を行っています。各記事は別ブログからインポートしてきたのでお見苦しい点があります。随時、編集していきます。

考えすぎて一歩踏み出せない【ホワイトチェストナット(バッチ)】

 

 写真提供元:ヒーリングハーブス社

 

 

柔らかな白い色に赤の斑点があるこの花はバッチフラワーエッセンスの セカンド19(カテゴリー名)の一つ、ホワイトチェストナットです。

 

 

f:id:akiarakaki:20180316114432j:plain

*写真はヒーリングハーブス社から講師用に提供されたものです。

 

まるでフリルのような花びらと中心の赤い色が何とも独特で 不思議な雰囲気を醸し出していますね。

 

ただ、このホワイトチェストナットのカードをお客様に見せて、 「すごく可愛いですね」、「このエッセンスが飲みたいです」 などの感想を私は頂いたことがありません。

 

可愛さというところでは、バッチのセントーリーとか FESのピンクやローやカモミールに軍配が上がります。

 

ホワイトチェストナットは 心配事が頭の中から離れない 考えすぎて眠れない やることがたくさんあると思い、行動に移せない ネガティブな思いを止められない状況によく使用されます。

 

どこかしら花のジェスチャーにまとまりがないところが、 そういう特徴を表しているのだろうと私は思っていました。

 

 

ただ、そういう私の見方を大きく変えてしまったのが、 実際にフラワーエッセンス療法学会の植物観察会で出逢った 数本のホワイトチェストナットの樹木。 

 

f:id:akiarakaki:20180316113551j:plain

 

 

 

他にもいろいろな木があるのに このホワイトチェストナットを見ているだけで とても強い安心感を得られたのです。

 

少しアンバランスな印象を与える花をその枝に咲かせ、 そしてその最後を見守る大きな木。 それこそ、ホワイトチェストナットの調和の姿なのだと 私に気づかせるように、立っていました。

 

 

フラワーエッセンスは飲む人の性格を変えるものではなく、 また奇跡を起こすものではないと私は思っています。 その方に元々備わった心のバランスを整えるものです。

 

虫媒花であるホワイトチェストナットは、一枝に30から40もの房をつけます。 そして、その花々が落ちると雄々しい姿の木々となり、 遠くから眺める者に力強さと落ち着きを感じさせます。 そこに大きな希望を見てとることができます。

 

 

色々と考えこんでしまい、 自分で自分を追い詰めてしまうことがあったとしても 無用な心配を心の中から取り払ったときには そこに希望が残る ホワイトチェストナットは私たちに教えてくれていると思います。 また機会があったら、 このホワイトチェストナットに逢いに行きたいです。

 

 

ヒーリングハーブス  フラワーエッセンス ホワイトチェストナット 10ml

ヒーリングハーブス フラワーエッセンス ホワイトチェストナット 10ml