心に届くFESフラワーエッセンス

沖縄在住のキャリアコンサルタントです。自身がストレスに見舞われたときに助けられたことからフラワーエッセンスの普及活動を行っています。各記事は別ブログからインポートしてきたのでお見苦しい点があります。随時、編集していきます。

自分の決断に自信を持つ:セラトー(バッチフラワー)

あなたは、人生において、自分が下した評価になぜか疑問を持ってしまうことはありませんか? 「私はAだと思うけれど、彼がBと言うのであれば、Bが正解なんだろう」 とか、「あのときみんなの意見に従ったけれど、本当は別の方法がよかった」など。 あるいは、今、人生において重大な選択を下さないといけない状況でしょうか? もし、当てはまるのであれば、バッチフラワーのセラトーをあなたのセルフケアの一つに加えてみてください。 写真提供はヒーリングハーブス社

セラトーは自分に確信が持てない人のためのエッセンスで、「内なる声」を聞き取り、自分の意見に自信を持ち、本当にやりたいことを自分のやり方で行動するのを助けます。 セラトーは、問題を自分で解決しようとせず、すぐ人に助けを求める人が精神的に自立するのを支援します。セラトーを使うことで、自分にとっての「良いこと」と「悪いこと」の区別、「正しいこと」と「間違っていること」の区別をより深く理解できるようになるでしょう。 花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典より引用

セラトーは、FESが提唱している、魂のマップ=「メタフローラ」のレベル3とレベル7のカテゴリーに入るフラワーエッセンスです。 レベル3は学びや成長をつかさどる、「水星」のレベル。成長に対して何らかのコンプレックスを抱えている場合に使われるエッセンスが多いです。FESのフェアリーランタン、バッチのチェストナットバッドなどがあります。 レベル7は「太陽」のレベル。内なる自分の輝きに近づくためのエッセンスたちです。時には過去の痛みやカルマを乗り越えていく必要もあります。FESのアンジェリカ、バッチのスターオブベツレヘムが代表的なエッセンスです。 セラトーは私が「優しい花たち」と勝手にカテゴライズしている花の一つ。 控えめで、相手に色々と譲りがちなんですね。 でも、レベル3とレベル7に属しているということは、 やはり優しさからの脱皮が必要です。 相手の意見に賛成するときは賛成すればいいし、 そうでないときは、必ずしも「反対」だと言わなくても、 相手にそれが伝わるよう、表現方法を工夫してみてはいかがでしょうか。 自分で決断し、自分で気持ちを表現できることは、 とてもすばらしいことだと思います。