心に届くFESフラワーエッセンス

沖縄在住のキャリアコンサルタントです。自身がストレスに見舞われたときに助けられたことからフラワーエッセンスの普及活動を行っています。各記事は別ブログからインポートしてきたのでお見苦しい点があります。随時、編集していきます。

光るもの金とは限らず【カリフォルニアポピー(FES)】

自分を高めてくれるもの、
自分より輝いて見える人、
ここではないどこかに導いてくれそうな出来事。


そのようなものや人に惹かれて自分を見失わないよう、
「光は自分の中にある」と
カリフォルニア州のシンボルでもあるこの花は伝えています。


アメリカのカリフォルニアポピー祭りは楽しそう♪

私の手元にある『フラワーエッセンスレパートリー』によりますと、
カリフォルニアポピーを必要とする状態は

 

精神的な魅惑や魅力的な超常現象を自己の外に向けたがる。そしてLSDなど幻視状態を引き起こす麻薬から、オカルトや魔女の儀式、宗教やカルト、カリスマ的な霊的教師にいたるまで、さまざまな目をくらませる現象に惹かれる。


と書かれています。

現代の私たちの生活に起こりやすいバターンとしては、

社会的なステータスや名声にも目がくらみやすく、マスコミのスター的ライフスタイル


に対し、 「これで自分が変われる」と多大な期待や昂揚感を抱いてしまうことがあるかと思います。

 

今は特にFacebookなどSNSの普及で、
有名人(主に著者など)にコンタクトを取ることが 一般の方でも可能になりました。

 

そういう「光るもの」との距離が近づいてきたのですね。

それは別に悪いことではないでしょう。
世界が広がることも多いでしょうし、
私も数人の著者の方と親しくさせてもらっている立場です。

 

ただ、この状態を調和するためのフラワーエッセンス、 カリフォルニアポピーがFESのラインアップに存在しているということは、 その傾向が行き過ぎるとバランスを失うことを示唆しています。

 

今必要なのは内側のバランスなのかもしれません。

一度ご自身の心に光を求める理由を問いかけてみてはいかがでしょうか。